『オーシャンズ8』映画でお金にまつわる英語ワードを学ぼう!

『オーシャンズ8』は女性チームによる強盗がテーマ。
お金にまつわる英語ワードがたくさん登場してくるので、まとめてみました!
言葉を通してアメリカ文化を学習できますね。

オーシャンズ8で登場するお金にまつわるEnglishワード

抵当権その他類似の用語

❝There is a lien on her assets, they’ve impounded her passport. The bank seized her townhouse.❞(資産差し押さえ、パスポート没収、住まい押収!)

lien
リーエン…とは?聞きなれない単語!
契約書用語よりの単語で、「留置権」「先取特権」の意。
英米法における担保権の一種で、債務支払いの保証として、債務者の資産に設定されるもの。
ただし、日米では法律が異なり、日本語で一言で言い当てる訳語はないよう。
まぁ、ここはざっくりとした解釈でいくと、、、リーエンとは、要するに、
支払い債務がある人が支払いを怠った場合に、債務者の特定の資産を差し押さえできる権利。

asset
日本語のカタカナ用語のアセットは「資産」、「財産」の意でよく金融関係で耳にしますが、
英語では「利点」「強味」という意味もある。
経済で使われる用語ということからも、有形無形問わず価値がある主要財産を指す。

Good health is a great asset.
健康は最大の財産だ。

impound
poundと聞くと、単位のポンドが由来?とも想像したのですが、、、
他にも動物入れる囲いという意味もあり、そこから収容所、独房、拘留所の意味でも
使われるそう。
その❝pound❞に❝im(in=と同じで「中へ」という意味)❞がつくことで、
「保管する、押収する、囲いの中に入れる」などとなる。

Oxford Learner’s Dictionariesには

impound something (of the police, courts of law, etc.) to take something away from someone, so that they cannot use it

と説明があります。
重罪ではない、どちらかと言えば軽犯罪で法的違法をした場合の罰則規定に基づく対応。
テンポラリーなもので、条件を満たせば措置は解除されそうですね。

seize
(突然ぎゅっと)つかむ、握る、捕まえる、乱暴につかむ、
逮捕する、(強権をもって)差し押さえる、押収する、強奪する

take catchよりも力(物理的、法的)をともなった感じ。
逮捕、財産の没収にもよく使われる。
会話の中の❝townhouse❞は西洋風長屋。
共有部分がコンドミニアムよりも多く、今時のイメージ?

あと、この後の会話の中で、
❝How did I get here ?❞(どうしてこうなっちゃったの?)
❝You spent $18 million in two years and had two houseboats on the Seine.❞(2年間で1800万、仏はセーヌにてハウスボートを2つ所有)
という会話があり、とにかく散財して、没収されそうなものたくさんお持ちで…という感じ。

ギャンブル

❝She gambled everything on this.❞(彼女、このショーにすべてを賭けているわ。)

gamble on
賭博をする、金を賭ける、当てにする、望みをかける、賭ける

いわゆるギャンブルの意味でも使われるが、下記の英語の説明にもあるように、
お金やいわゆる「ギャンブル」に関わらず、リスクがある(と思われる)ものに一縷の望みをかける際の表現として幅広く使用できる。

Oxford Learner’s Dictionariesには

to take a risk with something, hoping that you will be successful
とあるように、
日本語のギャンブルよりも、日常使いできそうな言葉。
なかなか来ないバス。急いでいるのに!
そのまま待つか、タクシーを使うか、どっち?みたいな状況とか(笑)

ギャンブルはカタカナ用語にもなっていますが、
「ギャンブル」が日本語の「賭博」と同等かと問えば、違う。
法的な違法性がないものをギャンブルと呼ぶ。英語では賭博もgamblingでOK。

借金

❝Self-financed. Credit from an Omaha bank.❞(費用はオマハ銀行から借金。)

self-financed
自己資金による、資金調達を自ら行う、資金を他に頼っていない

Credit
信頼、信用、名声、評判、信望、名誉、称賛、掛け(売り)

金融機関からの借入れがあるのに、なぜself financed?と混乱しましたが、
自己資金も投入した上での借り入れ?ということかしら?
大銀行からは相手にされなかったようですね。Omaha銀行って…(笑)
それとも皮肉をこめた言い回し?
清水の舞台から飛び降りる勢いで大博打をうったものの、
もともと無計画もいいところ、ショーは酷評の大失敗。
ローズ、自己破産の絶体絶命のピンチ!!!という状況。

ローン

❝They are on loan to us from very long Russian names that I can’t pronounce.❞
❝I am wearing a necklace that Cartier has decided to loan me. It’s called the Tousaine and it has been in the vault for 50 years and I’m just a little excited.❞

loan
貸し付け、貸すこと、ローン、(会社の)出向、貸付金、公債、借款、貸借物、外来の風習(など)
on loan 貸し出し中
loan+人(目的語) ~に貸す

lendも同じ意味で活用できる。どちらかというと、loanよりもフォーマルな表現。
on loanにもあるように、利息や手数料が発生するものだけではなく、
図書館で本を借りる際(無料)にも使える単語なんですね!

保険会社

❝I’m not a member of the law enforcement. I work with the insurance carrier. Which means I’m either looking for fraud or I’m looking for the real necklace. Beyond that, I couldn’t care less.❞

enforcement (法律などの)施行、執行、(服従などの)強制、(意見などの)強調
insurance carrier 保険会社
careerではなく、carrier!カタカナ用語で言うと、キャリアではなくキャリー。
carry(運ぶ)から派生した言葉。通信キャリアのほう。
❝insurance company❞と一緒。

fraud 不正、詐欺(罪)、ペテン、詐欺師
派生して、形容詞はfraudulent
ex) fraudulent activity 不正取引

お金にとは関係ないけど、セリフの中に出てくる下記フレーズもさらりと言えたらいいなぁ。
either or
二者のうちどちらかを選ぶべき、二者択一の

couldn’t care less

ぜんぜん気にしない、どうでもいい

大金

❝Well it seems four sweet old ladies apparently don’t exists, have recently transferred some very large sums of money into Becker Holdings, LLC.❞

large sums of money 大口の金=huge sums of money
sums sumの三人称単数現在。sumの複数形。合計、 総額、 総数
sum up 要約する、まとめる
sum+人(目的語)+up (瞬時に)判断する

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一言、納税逃れには厳しいアメリカ!

それはさておき、印象的だったのは、、、

権利関係ワードの同義語、類似語

一つのセンテンスの中に、似たような意味合いの言葉が登場する!くどいぞ~!!!
和訳では1つの単語で表せるところを、複数の英単語が登場。

例えば、担保に関するワード、❝lien❞を一つとってみても。
似たような単語を調べると、
encumbrance, mortgage, hypothec, charge, collateral, pledge, retention rightなど、
えーん、ありすぎないかい???ネイティブも本当にそれぞれの意味を理解しているのかしら(笑)
文脈によって使い分けられるようになりたいものです!

カタカナ用語とは異なる意味合い

日本で表されるのは意味が限定的で、大元の言葉は様々に表現できるんですね♡
ギャンブルとgambleはイコールではなく、人生を切り開く時にも使える言葉でした。

以上、お金にまつわるEnglishワードでした♪
お金や経済に該当する言葉のためか、カタカナ用語がたくさん!
日本でも日常的に使われている言葉が登場するので、覚えておいて損はないです(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました